JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 日本の絶景特集 > 

まさに冬の風物詩!関東のおすすめイルミネーションスポット14選

まさに冬の風物詩!
関東のおすすめイルミネーションスポット14選

恵比寿ガーデンプレイスのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)恵比寿ガーデンプレイス

近年、冬の風物詩ともいえるようになったイルミネーション。商業施設やテーマパークなど、全国各地のさまざまなスポットで開催されています。しかし、これだけ多くのスポットでイルミネーションが開催されていると、どこへ見にいこうか悩むもの。
そこで今回は、関東でおすすめのイルミネーションスポットを14か所ご紹介します。

恵比寿ガーデンプレイス(東京都)

恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション

恵比寿ガーデンプレイスは、渋谷区と目黒区にまたがる複合施設です。サッポロビール工場跡地の再開発によって、1994年に開業しました。サッポロビールの本社があるほか、デパートやレストラン、オフィスビル、マンション、美術館などさまざまな施設が含まれています。

恵比寿ガーデンプレイスでは、11月から翌1月までWINTER ILLUMINATIONSが開催されます。恵比寿ガーデンプレイスの冬の風物詩ともいえるフランス・バカラの巨大なシャンデリアや、10万球にもおよぶ壮大なイルミネーション、ライトアップされたスケートリンクなど、恵比寿ガーデンプレイス全体が煌びやかな光に包まれます。

  • 住所:東京都渋谷区恵比寿 恵比寿ガーデンプレイス
  • アクセス:JR山手線恵比寿駅から徒歩5分
カレッタ汐留(東京都)

カレッタ汐留イルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)カレッタ汐留イルミネーション

カレッタ汐留は、60もの飲食店やショップ、広告ミュージアムである「アドミュージアム東京」、四季劇場[海]など、さまざまな商業施設や文化施設を併設した複合施設です。カレッタはアカウミガメの学名に由来した名前で、悠々と生きるウミガメのようなゆったりとした時間、余裕のあるライフスタイルのイメージから名づけられました。

カレッタ汐留のイルミネーションは毎年テーマに添って行われ、2017年度は美女と野獣の世界観をイメージしたイルミネーションが開催されました。カレッタの象徴する青を基調とし、主人公であるベルのドレスカラー「ベルイエロー」を随所に盛り込みました。音楽も毎回テーマに合わせたものが選ばれているので、世界観にどっぷりと浸ることができます。

  • 住所:東京都港区東新橋1-8-2
  • アクセス:JR新橋駅から徒歩5分
東京ドイツ村(千葉県)

東京ドイツ村のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)東京ドイツ村 イルミネーション 2017年

東京ドイツ村はその名の通り、ドイツをテーマとした千葉県袖ヶ浦市のテーマパークです。東京ドームの約27倍にもおよぶ広大な敷地に、ドイツの田園風景が再現されています。芝生広場やフラワーガーデンといった自然を感じられるエリアのほか、遊具などがあるアミューズメントエリア、動物とふれあえるエリアなどもあります。

東京ドイツ村のイルミネーションは、関東三大イルミネーションのひとつに数えられています。毎年さまざまなテーマで電飾やオブジェが配置されるので、何度来ても新鮮な感動が味わえます。共通しているのは、膨大な数の電球やLED。300万球もの数が使われる圧倒的なスケールは、一見の価値ありです。

  • 住所:千葉県袖ヶ浦市永吉419
  • アクセス:JR袖ケ浦駅からタクシーで20分
マザー牧場(千葉県)

マザー牧場のイルミネーションのイメージ マザー牧場キラキラファーム

マザー牧場は、千葉県富津市にある国内でも有数の観光牧場です。250ヘクタールもの広大な敷地には牛や羊を始めとしたさまざまな動物が暮らしていて、ふれあうことができます。また、動物とのふれあいだけでなく、花の鑑賞や味覚狩り、アトラクション、アドベンチャーなどさまざまな楽しみ方ができます。

6年目となった2017年度のイルミネーションでは開催エリアが変更され、ナイト遊園地や山の上エリアでのイルミネーションなど新しい試みが行われました。創業55周年にちなんで55万球の電飾が用いられ、観覧車などアトラクションからの景色も好評でした。イルミネーションだけでなく、イルミネーション期間限定のメニューやジンギスカン食べ放題なども人気です。

  • 住所:千葉県富津市田倉940-3
  • アクセス:JR君津駅からバスで30分

おすすめプランRecommend

あしかがフラワーパーク(栃木県)

あしかがフラワーパークのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)あしかがフラワーパークのイルミネーション 光の睡蓮

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市にある花のテーマパークです。もともとは250畳の大藤が人気の早川農園として開園し、1997年に現在の場所へ移転、あしかがフラワーパークとなりました。栃木県の天然記念物に指定されている4本の大藤と80mにおよぶ白藤のトンネルを始め、四季折々のさまざまな花が楽しめます。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは日本三大イルミネーションに数えられ、また2016年、2017年と2年連続で全国イルミネーションランキングのイルミネーション部門1位を獲得しています。特に藤色の花房をイメージしたシンボルツリー「奇蹟の大藤」はまるで本物の藤の花のようで、見ごたえ抜群です。

  • 住所:栃木県足利市迫間町607
  • アクセス:JR富田駅から徒歩13分
東武ワールドスクウェア(栃木県)

東武ワールドスクウェアのイルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)東武ワールドスクウェア イルミネーション

東武ワールドスクウェアは、栃木県日光市にあるミニチュアテーマパークです。日本や世界各国の遺産・建造物がミニチュアサイズで再現展示されていて、その数は世界文化遺産46物件を含む102点。すべてが精巧に再現されているので、まるで自分が巨人になってその土地を訪れているかのような気分が味わえます。

東武ワールドスクウェアのイルミネーションは、展示されているミニチュアが中心となっています。102点もの世界中の建築物のミニチュアが色とりどりにライトアップされ、幻想的な空間を作り出します。イルミネーション期間中は営業時間が延長されるので、ゆったりと幻想的な世界旅行が楽しめます。

  • 住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
  • アクセス:東武鉄道東武ワールドスクウェア駅
茨城県フラワーパーク(茨城県)

茨城県フラワーパークのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)茨城県フラワーパーク

茨城県フラワーパークは、茨城県石岡市にある花と緑のテーマパークです。1985年に開催されたつくば科学万博にあわせて花卉(かき)文化の向上や観光客誘致を目的として開園し、2015年にリニューアルされました。800品種30,000株のバラが植えられているバラのテラスなど特にバラに力を入れていて、バラのテーマパークとしては東日本最大級の規模となっています。

茨城県フラワーパークの2017年度のイルミネーションは、例年よりもエリアを拡大してさらにスケールアップしたものとなりました。会場内には40万球もの電飾が配置され、100m続く妖精の通りみちやバラに覆われた妖精の家などさまざまな見どころがあります。

  • 住所:茨城県石岡市下青柳200
  • アクセス:JR石岡駅からバスで30分
霞ヶ浦総合公園(茨城県)

風車イルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)風車イルミネーション

霞ヶ浦総合公園は、日本で2番目に大きな湖「霞ヶ浦」に隣接する公園です。運動ができる多目的広場やお祭り広場のほか、オランダ型風車やジャングルジム「ツェッペリン号」、ネイチャーセンター、水生植物園などさまざまな見どころがあります。また、夏にはプールも楽しめます。

霞ヶ浦総合公園のイルミネーションは、オランダ型風車を中心に行われます。高さ25m、羽根直径20mという巨大な風車が光り輝く光景はなかなか見られません。このほかイルミネーションには、市の花である桜や土浦の花火、霞ヶ浦、ハス田などが用意され、土浦市の全体の魅力を表現しています。

  • 住所:茨城県土浦市大岩田145
  • アクセス:JR土浦駅からバスで10分。大岩田二区で下車後、徒歩15分

おすすめプランRecommend

横浜みなとみらい21(神奈川県)

横浜みなとみらい全館点灯日イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)みなとみらい全館点灯日

横浜みなとみらい21は、神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり、横浜港に面しているエリアです。「みなとみらい21」や「みなとみらい」などと略され、都市景観100選に選ばれました。多数のオフィスビルがあるほか、赤レンガ倉庫やコスモワールドといった商業施設やアミューズメント施設もあります。

みなとみらいエリアでは多くのスポットでイルミネーションが行われています。中でも特徴的なのが、みなとみらい地区のさまざまなオフィスビルや商業施設が参加する「TOWERS Milight〜みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ〜」。街全体がひとつのイルミネーションとなる、一夜限りの壮大なイルミネーションが楽しめます。

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい地区
  • アクセス:JR桜木町駅から徒歩3分
さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

相模湖イルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)相模湖イルミネーション

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは、神奈川県相模原市にある自然をテーマにしたレジャースポットです。約30種類のアトラクションが楽しめる遊園地エリアと、雄大な自然が楽しめるキャンプ・バーベキューエリアに分かれています。自然をテーマにしていることから、遊園地エリアにもたくさんの緑があります。

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストで開催されるイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」は、関東最大級の規模を誇る一大イベントです。使用される電飾の数は600万球と、圧倒的なスケールで展開されます。イルミネーションの中を進むライドアトラクションなど体験型イルミネーションスポットが全部で21か所あるほか、フォトスポットも盛りだくさんです。

  • 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634
  • アクセス:JR相模湖駅からバスで8分
ぐんまフラワーパーク(群馬県)

ぐんまフラワーパークのイルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ぐんまフラワーパークのイルミネーション

ぐんまフラワーパークは、群馬県前橋市にある県立植物園です。18.4ヘクタールの敷地にはさまざまな種類の草花が植えられていて、季節に合わせた景色が楽しめます。中でも季節ごとに植え替えを行うフラトピア大花壇は見もので、春になると20万株ものチューリップが咲き誇ります。

ぐんまフラワーパークのイルミネーションは、日本夜景遺産のライトアップ部門に認定されたほど。数10万から100万球もの電飾を配置し、園内全体が輝きに包まれます。プロジェクションマッピングや水上レーザーショー、人の動きに合わせて映像が変わるインタラクティブ演出、温室のイルミネーションなど趣向を凝らしたイルミネーションが魅力的です。

  • 住所:群馬県前橋市柏倉町2471-7
  • アクセス:上毛電鉄大胡駅からタクシーで15分
榛名湖(はるなこ)(群馬県)

榛名湖イルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)榛名湖イルミネーション

榛名湖は、群馬県西部の榛名山の麓にあるカルデラ湖です。古くから「伊香保(いかほ)の沼」として知られていて、近くにある榛名神社とともに「榛名講(はるなこう)」という雨乞い信仰の目的地となっていました。群馬県を代表する観光地のひとつで、明治時代以降は竹久夢二を始めとした著名な文化人にも愛されています。

榛名湖のイルミネーション「榛名湖イルミネーションフェスタ」は、榛名湖前の榛名公園ビジターセンターを中心に開催されます。榛名湖上での音楽とイルミネーションを組み合わせたショーやレーザーショー、榛名山ロープウェイの期間限定夜間運行、打ち上げ花火など、さまざまなイベントが会場を大いに盛り上げます。

  • 住所:群馬県高崎市榛名湖町榛名公園ビジターセンター周辺
  • アクセス:JR高崎駅からシャトルバスで1時間30分

おすすめプランRecommend

西武園ゆうえんち(埼玉県)

西武園遊園地のイルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)西武園ゆうえんちのイルミネーション

西武園ゆうえんちは、埼玉県所沢市の東京都との境にある遊園地です。サンリオと提携した「ハローキティ メルヘンタウン」など、さまざまなアトラクションがあります。また、夏季はゆうえんちプールや花火大会、冬季はソリや雪遊びが楽しめる雪の王国など、季節限定の施設やイベントも魅力的です。

2017年度の西武園ゆうえんちのイルミネーション「イルミージュ」は、人気ダンス&ボーカルグループ「超特急」とのコラボレーション。園内はイルミネーションに包まれ、波のプールに設置されたLEDビジョンでは超特急の楽曲に合わせたさまざまな演出が展開されました。また、日本やイタリア、フランス、オーストラリアなど7か国をイメージしたイルミネーション「ワールド・エキスポ・ナイト」も開催され、美しい光景とともに世界の文化や芸術にふれることができます。

  • 住所:埼玉県所沢市山口2964
  • アクセス:西武鉄道西武遊園地駅からすぐ
けやきひろば(埼玉県)

さいたま新都心のイルミネーションのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)さいたま新都心のイルミネーション

けやきひろばは、埼玉県さいたま市にある商業施設です。さいたま新都心のほぼ中央、さいたまスーパーアリーナに隣接していて、ペデストリアンデッキと接続していることからさいたま新都心駅や北与野駅、さいたまスーパーアリーナから直接アクセスできます。2階部分は人工地盤の広場となっていて、県の木であるけやきが220本植えられています。

けやきひろばのイルミネーションは、2階の広場を中心に開催されます。けやきの木をブルーやシャンパンゴールド、ホワイトの電飾で装飾し、幻想的な光の森を作り出します。芝生エリアにはパイプオルガンをイメージしたオブジェがあり、ボタンを押すと音楽と光の演出が。1階の吹き抜けにもオブジェが設置され、ホワイトやゴールドのLEDが煌びやかに飾り立てます。

  • 住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10
  • アクセス:JRさいたま新都心駅からすぐ

おすすめプランRecommend

いかがでしたか?今回ご紹介した以外にも関東には多くのイルミネーションスポットがあるので、この記事を参考にしながらお気に入りのスポットを探してみてください。

その他の記事Other Articles

おすすめ商品Recommend

絶景特集バナーイメージ

ページの
先頭へ