JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 夏休み 国内旅行・ツアー特集2018 > 

リゾート、自然、テーマパーク!夏に訪れたいおすすめのスポット17選

リゾート、自然、テーマパーク!
夏に訪れたいおすすめのスポット17選

リゾートのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)リゾートのイメージ

夏は長期休暇もあるので、どこかに旅行に行きたいと考える方も多いもの。とはいえ、夏の旅行先にはさまざまな選択肢があるので、どこに行こうか悩むこともあるかもしれません。そこで今回は、夏の旅行先としておすすめのスポットをテーマ別にご紹介します。

暑い夏にぴったり!涼しい避暑地で快適な旅を楽しもう!

軽井沢

白糸の滝のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)軽井沢 白糸の滝

東京から近く、リゾート地として人気が高いのが軽井沢です。軽井沢は長野県にあり、北陸新幹線が開業したことで東京から1時間半ほどで訪れることができます。夏場の気温は最高でも25℃程度で、東京と比べると約7℃も低いためすごしやすい気候です。

軽井沢は夏でもすごしやすい気候が魅力的なのはもちろん、軽井沢駅を中心にさまざまなタイプの観光スポットがあるところも人気の理由です。宿場町として栄えた江戸時代から現代までの歴史が感じられる伝統的な街並みや緑豊かな自然は、ゆったりと散策するのにぴったりです。

子どもと一緒に遊びたい場合は、軽井沢おもちゃ王国がおすすめです。ショッピングや食事を楽しむなら、軽井沢プリンスショッピングプラザや星野エリアもあります。 たくさんの魅力がある軽井沢なら、飽きることなく何度でも楽しめるでしょう。

  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢(軽井沢駅)
  • アクセス:JR軽井沢駅から徒歩すぐ
立山黒部アルペンルート

黒部ダムのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)黒部ダム

富山県と長野県の境にある立山連峰には、約37km続く世界的に見ても大規模な山岳観光ルート・立山黒部アルペンルートが開通しています。立山黒部アルペンルートは春に見られる「雪の大谷」が人気ですが、夏もすごしやすい気候と豊かな自然が魅力的で、多くの観光客が訪れます。

立山黒部アルペンルートには黒部ダムがあり、そのダム湖である黒部湖では遊覧船でのクルージングが楽しめます。湖上からしか見えない名所や山々の豊かな自然を、余すことなく見られます。遊覧船は6月上旬から11月までしか運行されていないので、夏にぴったりです。
また、黒部ダムでは観光放水も見られます。この他、みくりが池や弥陀ヶ原高原(みだがはらこうげん)、室堂平(むろどうだいら)の散策道など、高原の自然が満喫できるスポットがたくさんあります。

  • 住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺(黒部ダム)
  • アクセス:JR信濃大町駅から扇沢駅までバスで40分、扇沢駅から黒部ダムまでトロリーバスで16分
函館

函館山からの街並みのイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)函館山からの街並み

東北地方や北海道は、夏でもそれほど気温が高くならないので避暑におすすめのエリアです。中でもおすすめなのが、夏の函館。函館は季節を問わず人気の観光スポットで、夏には夏の楽しみ方があります。

函館の名物といえば、イカ漁です。函館のイカ漁は6月から解禁となるので、夏はまさにイカのベストシーズン。函館名物のイカを味わうなら、夏に訪れるのが一番です。
函館といえば函館山の夜景も有名です。夏には夜景だけでなく、自然の中をハイキングするのもおすすめ。夏でも涼しいので、ハイキングするにはぴったりです。

また、ハイカラ衣装館で、函館の街をバックにドレス姿で記念写真を撮影するのもおすすめです。ハイカラ衣装館は3月から12月まで利用できます。夏の過ごしやすい気温の中で、旅の思い出になる写真が撮影できるでしょう。

  • 住所:北海道函館市若松町(函館駅)
  • アクセス:JR函館駅からすぐ

おすすめプランRecommend

海?それとも山?夏に訪れたい大自然!

夏といえば、海や山をイメージする人も多いもの。夏ならではの自然を満喫しましょう!

伊豆

ヒリゾ浜のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ヒリゾ浜

伊豆は、静岡県にある観光地として人気が高いエリアです。海岸線の景色や温泉、テーマパークなど、魅力的なスポットがたくさんあります。中でも夏におすすめなのが、伊豆の海。伊豆の海は水質が非常によく、都心部からも訪れやすいことから毎年多くの方が海水浴に訪れます。

伊豆にはたくさんのビーチがあり、最高ランクの水質AAと評価されているものも少なくありません。伊豆半島でよく知られているビーチといえば、まず白浜があげられます。名前の通り白い砂浜が続き、透き通った青い海が広がっています。白浜の水質はAAランクで、日本の海水浴場88選や全国の快水浴場100選にも選ばれています。

近年話題になっているビーチ、ヒリゾ浜もおすすめのスポットです。ヒリゾ浜は船でしか訪れることができないビーチで、透明度の高い海や海中の環境、ビーチ周辺の環境などがまるで海外のリゾート地のよう。その自然の美しさから、「伊豆の最後の秘境」とも呼ばれています。シュノーケリングもおすすめです。

  • 住所:静岡県下田市白浜(白浜海岸)
  • アクセス:伊豆急行伊豆急下田駅からバスで15分
房総半島

守谷海岸のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)守谷海岸

房総半島は、千葉県の大部分を占める半島です。房総半島にはたくさんのビーチがあり、関東を中心に多くの方が海水浴に訪れます。房総の海はそれぞれのエリアによって雰囲気が異なるので、お気に入りのビーチを探してみるのもおすすめです。

勝浦市にある守谷海水浴場は、日本の渚100選や快水浴場100選に選ばれているビーチです。とても透明度が高い海で、緑に囲まれた景色も合わせて千葉の海とは思えない、という声もあがっています。海水浴はもちろん、磯遊びも楽しめます。

前原海水浴場も、同じく日本の渚100選に選ばれている海水浴場です。鴨川市内で最も大きなビーチで、広くきれいな砂浜が特徴的。遠浅になっている場所もあるので、広い砂浜と合わせて子ども連れでの海水浴におすすめです。

  • 住所:千葉県勝浦市守谷(守谷海水浴場)
  • アクセス:JR上総興津駅から徒歩8分
八ヶ岳 清里高原

清里高原 まきば公園のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)清里高原 まきば公園

八ヶ岳は、山梨県と長野県にまたがる山々の総称です。最高峰の赤岳を中心に、横岳や中岳、茶臼山などが含まれています。八ヶ岳のほとんどのエリアは八ヶ岳中信高原国定公園に指定されていて、豊かな自然が保存されています。

八ヶ岳の南の麓に広がる標高1,000mから1,400mほどのエリアは、清里高原と呼ばれています。清里高原は秋には紅葉、冬にはスキーが楽しめ、全国的にも人気のリゾート地となっています。そんな清里高原の夏は、アウトドアやアクティビティを楽しむのにぴったりです。

清里高原にはたくさんの牧場があり、牧場内での乗馬体験や馬に乗って森林の中を歩く森林トレッキングが楽しめます。涼しげな吐竜の滝(どりゅうのたき)や見晴らしのいい美し森(うつくしもり)など、自然の癒やしが感じられるスポットもあります。もちろん、登山やハイキングなども楽しめます。

  • 住所:山梨県北杜市高根町清里(清里駅)
  • アクセス:JR清里駅からすぐ
高尾山

高尾山のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)高尾山

登山初心者におすすめなのが高尾山。高尾山は東京の八王子市にある山で、標高599mと初心者でも登りやすい山です。最寄り駅である高尾山口駅までは東京から1時間ほどと訪れやすく、短いコースだと山頂まで1時間半程度で到達する手軽さも相まって、多くの登山客が訪れます。あまり体力がない子どもでも登頂しやすく、ファミリー登山でもおすすめです。

高尾山は紅葉のシーズンに人気が高いことで有名ですが、夏には夏の楽しみ方があります。それが、山頂にオープンするビアガーデンです。6月から10月までの期間限定なので、夏の風物詩となっています。ビアガーデンは標高500mの位置にある展望台で営業しているため、景色は抜群です。高尾山の自然や都心部の街並みを一望しながらのビールはまさに絶品!

  • 住所:東京都八王子市高尾町(高尾山口駅)
  • アクセス:京王電鉄高尾山口駅からすぐ

おすすめプランRecommend

夏ならではのアウトドアやアクティビティを満喫!

夏にはアウトドアやアクティビティもおすすめ!自然の中で活動的な夏を楽しもう!

キャンプ&キャビンズ那須高原

アウトドアの代表格といえば、キャンプです。キャンプ&キャビンズ(C&C)那須高原は栃木県那須郡那須町にあるキャンプ場で、人気キャンプ場ランキングで東日本1位になったこともあるなど屈指の人気を誇ります。新幹線最寄り駅の那須塩原駅からはタクシーで40分、在来線最寄り駅の黒磯駅からはタクシーで20分です。

C&C那須高原の大きな特徴は、小学生以下の子どもがいる家庭でも安心して楽しめるファミリー特化のキャンプ場という点です。低めの流し台や親子トイレ、親子シャワーブースなど子ども用にデザインされた設備が充実していて、初めてキャンプ場を訪れる子どもでも安心です。また、日用品やお酒、キャンプグッズなど充実した品揃えの売店も完備されているので、キャンプ初心者にもおすすめです。

  • 住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
  • アクセス:JR黒磯駅からタクシーで20分
白浜フラワーパーク

キャンプと並んで、夏のアウトドアの代表格となっているのがバーベキューです。千葉県南房総市にある白浜フラワーパークは、バーベキューが楽しめるおすすめのキャンプ場です。JR館山駅からバスで25分ほどの場所にあります。

白浜フラワーパークでは、車をテントの脇まで乗り入れられるオートキャンプ場でデイキャンプができます。洗い場やトイレも完備されているので、快適なバーベキューが楽しめます。キャンプ場とは別に、バーベキューが手軽に楽しめるBBQエリアも用意されています。お手軽なコンロBBQと本格的な炭火BBQが選べ、食材の購入や機材のレンタルができるので、手ぶらで訪れても楽しめます。

  • 住所:千葉県南房総市白浜町根本1454-37
  • アクセス:JR館山駅からバスで25分
みなかみ町

利根川のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)利根川

みなかみ町は、群馬県で最も大きな面積を持つ町です。利根川の源流域にあることから関東の水瓶と呼ばれるほど水が豊富で、自然も豊かです。

みなかみ町では、河川や湖などの水源を生かしたさまざまなアクティビティが楽しめます。例えば、利根川でのラフティング。ラフティングは複数人でゴムボートに乗り込み、協力しながら急流を下る人気のアクティビティです。利根川は日本最大級の規模の川で、迫力のあるラフティングが楽しめます。

川のアクティビティでは、キャニオニングも人気です。キャニオニングは体ひとつで渓谷を下っていくアクティビティで、天然のウォータースライダーや滝壺へのダイブなど全身で自然が感じられます。この他、みなかみ町にいくつかある湖ではレイクカヌーやレイクカヤックなども楽しめます。

  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町後閑318(みなかみ町役場)
  • アクセス:JR後閑駅からすぐ

おすすめプランRecommend

自由研究にもぴったりなお出かけスポット!

夏休みの宿題で苦戦しがちな自由研究は、家族旅行で楽しみながら解決しましょう。

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館は、福井県勝山市にある博物館です。福井県勝山市は1989年から化石調査を実施していて、これまでに多くの恐竜化石を発見してきました。そうした実績から、国内最大級の地質・古生物学博物館として恐竜博物館をオープンさせました。

福井県立恐竜博物館には44体もの骨格標本をはじめ、1,000を超える標本や復元ジオラマ、恐竜に関する映像などさまざまな展示がなされています。特別展示も開催されていて、恐竜について深く知ることができます。また、イベントとして恐竜に関する学習セミナーも開催されているので、自由研究などにも活用できます。

  • 住所:福井県勝山市村岡町寺尾51-11かつやま恐竜の森内
  • アクセス:えちぜん鉄道勝山駅からバスで15分
国営アルプスあづみの公園

国営アルプスあづみの公園のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区

国営アルプスあづみの公園は、長野県安曇野(あずみの)市、大町市、松川村にまたがる国営公園です。堀金・穂高地区と大町・松川地区のふたつに分かれていて、それぞれで違った体験ができます。

堀金・穂高地区は田園文化ゾーンと里山文化ゾーンに分かれていて、古き良き安曇野の風景が楽しめます。景色や自然を楽しむだけでなく、間伐材や石を作った手作り体験や安曇野の地形などを学ぶ地下教室なども開催されています。大町・松川地区もいくつかのエリアに分かれていて、北アルプス山麓の自然が楽しめます。

デイキャンプ場やスポーツエリアなどもあり、よりアクティブな体験ができます。また、こちらの地区でも自然素材のクラフト体験や地元食材を使った料理体験など、自由研究にぴったりな体験ができます。

  • 住所:長野県安曇野市・大町市・松川村
  • アクセス:JR穂高駅からバスで15分(堀金・穂高地区)/JR信濃大町駅からバスで15分(大町・松川地区)
龍泉洞(りゅうせんどう)

龍泉洞のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)龍泉洞

龍泉洞は、岩手県岩泉町にある鍾乳洞です。現在確認されているだけで3,600mの長さがあり、推定では5,000m以上あると考えられています。山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と並んで日本三大鍾乳洞のひとつに数えられています。

龍泉洞には龍が通ってできたといわれている百間廊下や長い年月を掛けてできた鍾乳石、月にあるという伝説の宮殿の名を冠した広い空間・月宮殿など多くの見どころがあります。最も注目を集めているのは、地底湖です。龍泉洞の地底湖はドラゴンブルーと呼ばれる神秘的な青色が特徴的で、透明度も抜群です。龍泉洞の向かいには龍泉新洞科学館があり、鍾乳洞の研究資料などが展示されています。

  • 住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
  • アクセス:JR盛岡駅からバスで2時間20分/三陸鉄道岩泉小本駅からバスで45分

おすすめプランRecommend

暑い夏だからこそ、テーマパークで思いっきり遊ぼう!

気分が高まる夏には、テーマパークで思いっきり遊ぶのもおすすめです!

東京ディズニーリゾート®

日本を代表するテーマパークといえば、東京ディズニーリゾートです。東京ディズニーリゾートは千葉県浦安市にあり、東京駅から最寄り駅の舞浜駅まで20分ととても訪れやすい立地です。関東地方だけでなく全国から多くの利用客が訪れる、日本一といっても過言ではないテーマパークです。

東京ディズニーリゾートには、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーというふたつのテーマパークがあります。ふたつのテーマパークはそれぞれコンセプトが異なるので、違った雰囲気が楽しめます。ディズニーランドはディズニー作品の世界観を再現していて、まるで映画の中に迷い込んだかのよう。一方のディズニーシーでは、異国情緒あふれる街並みが楽しめます。「ディズニーランドは子どもやファミリー向け、ディズニーシーは大人やカップル向け」といわれることもありますが、どちらも楽しめるスポットです。

  • 住所:千葉県浦安市舞浜
  • アクセス:JR舞浜駅から徒歩5分
那須ハイランドパーク

那須ハイランドパークのイメージ 那須ハイランドパーク

夏の暑い時期には、できるだけ涼しいところですごしたいと思うもの。しかし、テーマパークで遊ぼうと思うと炎天下を歩くことになります。「暑さをしのぎながらテーマパークで遊びたい」という場合には、那須ハイランドパークがおすすめです。那須ハイランドパークは北関東最大級の遊園地で、那須高原にあります。那須高原は標高が高いので夏場でも比較的すごしやすく、気持ちよく遊べるでしょう。

那須ハイランドパークにはさまざまなアトラクションがあり、中でも10大コースターと呼ばれるさまざまなコースターは有名です。最大傾斜角が75度のビッグバンコースターや宙吊りタイプのF2、全長1.2kmにおよぶアップダウンの激しいコースが特徴的なキャメルコースターなど、バラエティ豊かなコースターがあります。スペースショットやスカイバルーンといった高く打ち上がるアトラクションもあり、那須高原の美しい景色も楽しめます。

  • 住所:栃木県那須郡那須町高久乙3375
  • アクセス:JR那須塩原駅からバスで70分
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®

夏の長期休暇には、少し遠くのテーマパークを訪れるのも楽しみのひとつです。おすすめは、大阪府にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)です。USJはディズニーリゾートに次ぐ入場者数(2016年度)を誇る日本屈指のテーマパークで、ユニバーサルの映画作品を再現したアトラクションが楽しめます。新しいエリアやアトラクションもオープンしていて、近年は2014年にオープンしたハリーポッターのエリアや2017年にオープンしたミニオンのエリアが大きく注目されました。特にハリーポッターのエリアは人気が高く、映画と同じ美術スタッフが監修した再現度の高い街並みは作品世界にどっぷりと浸れます。

また、USJでは期間限定でさまざまなイベントが開催されていて、アニメやマンガ、ゲームといった作品とコラボレーションした「ユニバーサル・クール・ジャパン」が人気です。夏限定のイベントも開催されるので、訪れる際にはぜひ体験してみてください。

  • 住所:大阪府大阪市此花区
  • アクセス:JRユニバーサルシティ駅から徒歩5分
東京サマーランド

夏のテーマパークといえば、プールも大人気。中でもアトラクションなどが多く遊べるプールとして人気なのが、東京都あきる野市にある東京サマーランドです。東京サマーランドには屋内プールのアドベンチャードーム、屋外プールのアドベンチャーラグーン(7月1日〜10月1日限定)という2種類のエリアがあり、それぞれで違った特徴があります。

アドベンチャードームは屋内プールなので、天気や紫外線が気になるといったときでも安心して楽しめます。ゆったりとくつろげる温浴プールや子ども向けのキッズプールもあるので、幼い子どもがいる家庭にもおすすめです。アドベンチャーラグーンは、解放感やスリルが楽しめるアトラクション型のプールが人気です。日本最大級の流れるプールやタイプの違う5種類のウォータースライダー、アスレチック要素のあるプールなど、遊べるアトラクションがたくさんあります。
プールだけではなく遊園地やアウトドアエリアなどもあるので、さまざまな楽しみ方ができます。

  • 住所:東京都あきる野市上代継600
  • アクセス:JR八王子駅からバスで30分

おすすめプランRecommend

夏に訪れたい魅力的なスポット。今回ご紹介したおすすめスポットを参考に、楽しい夏の旅行を計画しましょう。

その他の記事Other Articles

  • 花火大会の記事のイメージ

    日本の夏の風物詩!東日本でおすすめの花火大会15選

    夏の風物詩といえば花火!夜空に大きく咲く花火は、わくわくやどきどきが感じられる一大イベントです。そこで今回は、東日本で開催されるおすすめの花火大会15選をご紹介します。花火大会に行く際には、ぜひ参考にしてみてください。

  • 夏祭りの記事のイメージ

    日本の夏は祭りで満喫!東日本でおすすめの夏祭り12選

    夏祭りはさまざまな地域で開催され、それぞれ違った特色があります。今回は、夏祭りが好きな方に向けて、東日本でおすすめの夏祭りをご紹介します。

  • 軽井沢の記事のイメージ

    東京から新幹線で1時間!日帰りでも楽しめる軽井沢の魅力

    近場のリゾート軽井沢!もともと中山道の宿場町として栄えていた歴史があり、1900年頃から避暑地や別荘地として高い人気を得ていました。戦後には一大リゾート地として発展し、現在も毎年多くの観光客が訪れます。今回は、そんな軽井沢の魅力についてご紹介します。

おすすめ商品Recommend

ページの
先頭へ

パッケージツアーを探す

パッケージツアー検索

予約方法

コース内容
出発地必須
目的地必須
閉じる
エリア必須
都道府県
地域
出発日必須
日数必須

※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

申込人数必須
閉じる
おとな(中学生以上)必須
こども(小学生)必須
キーワード

お申込み可能時間は5:30〜23:40です。23:40までにお申込み操作を完了してください。

スマートフォンでご利用の方へ:お申込みの画面については、PC版サイトへ遷移致します。

必ずお読みください

ご利用上の注意事項

・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございます。あらかじめ、印刷環境をご準備の上、お申込みください。最終行程表が提示できないと、サービスが受けられない場合がございます。
・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは、申込受付期間についてをご確認ください。
・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込内容の確認は24時間可能です。)

JR東日本ダイナミックレールパック (JR+宿泊)検索

予約方法

出発地必須
宿泊地必須
閉じる
エリア必須
都道府県
地域
宿泊日必須
泊数
申込人数必須
閉じる
おとな(中学生以上)必須
こども(小学生)必須
キーワード

お申込み可能時間は5:30〜23:40です。23:40までにお申込み操作を完了してください。

必ずお読みください

ご利用上の注意事項

・JR東日本ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。
同一のお申込み内容でも予約操作の時期により、価格が変わる場合があります。
(旅行検索から予約完了までの間でも料金変動の可能性がございます。)
・ご予約後の変更は、減員のみ対応可能です。
列車の座席位置変更や列車変更、発着駅の変更は承ることができません。
(減員の場合でも客室の定員を下回るなど、変更としてお受けできない場合もございます。)
・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございます。あらかじめ、印刷環境をご準備の上、お申込みください。最終行程表が提示できないと、サービスが受けられない場合がございます。
・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは、申込受付期間についてをご確認ください。
・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込内容の確認は24時間可能です。)
・日帰りでのご利用はできません。必ず1泊以上の宿泊予約が必要です。
・同行者全員が同一行程でのご予約となります。

JR東日本ダイナミックレールパックJR+宿泊を組み合わせて探す