JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > スキー旅行&スノーボードツアー特集 > 

【徹底比較!!】スキー・スノーボードに行くには電車がお得?バスがお得?

【徹底比較!!】スキー・スノーボードに行くには
電車がお得?バスがお得?

スノーボードのイメージ

冬が近づくにつれて楽しみになってくるのが、ウィンタースポーツです。積雪量の多い日本では全国各地にスキー場があり、多くの人がスキーやスノーボードを楽しんでいます。

スキーやスノーボードに行く際の悩みのタネとなるのが、「移動手段」。電車・バスなど、さまざまな選択肢の中からどれが適切なのか、移動手段選びに悩むという方は多いのではないでしょうか。
安さで考えるならバス、移動時間の短さで考えるなら電車を選ぶのが一般的ですが、それぞれのメリットとデメリットを見比べたとき、一体どちらに軍配が上がるのでしょうか。
ここでは、バスと電車のメリット・デメリットを徹底比較。スキー・スノーボードに行く際にお得な移動手段はどちらなのかについて詳しくみていきます。

とにかく安いのが魅力!スキーバスのメリット・デメリット

スノーバスのイメージ

スキーやスノーボードの移動手段として一般的なバス。シーズンになると、さまざまな旅行会社がバスツアーを企画します。スキー場までの移動手段として、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。バスを利用した場合のメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

バスを利用するメリット

スキーバスの最大のメリットは、料金が安いこと。電車はもちろん、マイカーで行くよりも出費を抑えることができます。最近ではリフト券やレンタル込みのセットで販売されることも多く、安く便利に済ませたい方にとっては最適な選択肢といえます。また、移動に多少の時間はかかるものの、到着場所がスキー場であるのも魅力です。バスであればスキー・スノーボード用具やウェア、着替えなど重い荷物を持って移動したり電車を乗り換えたりする必要がないため、現地に到着するまでの時間を大きな労力なく過ごすことができます。

※バスのメリットまとめ
1.料金が安い
2.セット販売があり、お得で便利
3.目的地に直接到着できる

バスを利用する際のデメリット

渋滞のイメージ

スキーバスを利用するデメリットは、集合場所や時間などに制限があるという点です。集合場所が家から遠い場合、そこまでの交通手段を確保する必要があります。また、移動の際の休憩場所や時間も決められているため、移動時間を自分のペースで過ごすことはできません。集合時間や出発時間に遅れると、参加者全員に迷惑がかかり、最悪の場合はバスに乗ることができなくなります。
渋滞に巻き込まれやすいのもデメリットのひとつです。シーズンになるとスキー場までの道が込みやすくなり、年末年始など人が集中する時期は到着時間が大幅に遅れる可能性があります。日帰りのツアーなど時間が限られている場合は、少しリスクのある選択肢かもしれません。
この他、席が狭く身動きが取りにくいのもデメリットといえます。移動時間が長くなると身体中に疲れがたまり、スキーやスノーボードで遊んだ後の身体には少しつらいかもしれません。

※バスのデメリットまとめ
1.集合場所や時間に縛りがある
2.渋滞に巻き込まれる可能性がある
3.席が狭く、身体的につらい

おすすめ宿Recommend

渋滞なしで移動が早い!
電車を利用するメリット・デメリット

スキー場と電車のイメージ

スピーディに移動することができ、時間を有効活用できる電車。移動手段として電車を選択する方も多いかもしれません。電車移動にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

電車を利用する際のメリット

電車を利用する際の最大のメリットは、移動時間が短いこと。
新幹線や特急を使えばあっという間に目的地に到着でき、移動時間を短くすることができます。さらに、事故や故障・悪天候などの場合を除いて、到着時間が遅れることはほとんどありません。日帰りなど時間が限られている場合は、電車を利用することで遊ぶ時間を十分に確保することができます。
また、大勢の参加者と共に移動するバスに比べると、電車のほうが自分のスペースを確保しやすいのもメリットのひとつ。移動時間をノビノビと過ごすことができるため、身体にも優しい移動手段といえます。移動時間の快適性を求める方は、バスよりも電車を利用したほうがよいかもしれません。さらに、万が一乗り過ごしてしまっても次の電車を利用できるので、大人数での移動や子ども連れでの移動でも安心です。リフト券やレンタル込みのリーズナブルなプランもあるため、お得で快適に移動することができます。

※電車のメリットまとめ
1.移動が早い
2.出発・到着時間が正確
3.乗り遅れても次の電車に乗れる
4.バスに比べるとスペースが広く、身体的に負担が少ない

電車を利用するデメリット

雪と電車のイメージ

電車を利用することのデメリットのひとつは、料金面といえます。バスに比べると料金が高く、移動費をとにかく安く抑えたいという方には向いていないかもしれません。また、到着するのがスキー場ではなく駅になるのもデメリットといえます。一部には駅直結のスキー場もありますが、駅からバスやタクシーを利用するのが一般的です。バスに比べると移動時間は短くなりますが、荷物を持って移動したり、乗り換えたりするのが面倒だと考える方には不向きです。

※電車のデメリットまとめ
1.バスに比べると料金が高い
2.スキー場まで行くには、バスやタクシーに乗り換える必要がある

日程に合わせて交通手段を選ぶのが吉!
日帰りは電車が有利?

スキーを持った女性のイメージ

スキーバスと電車のメリット・デメリットを見比べた結果、どちらにもよいところ・悪いところがあるといえます。料金の安さを取るならスキーバス、到着までの早さを選ぶのであれば新幹線や特急のような電車を選択するのが最適といえます。
ただし、日帰りツアーなど時間が限られている場合は、到着時間が不明確で身体的にもつらいバスツアーは向いていないかもしれません。
値段は少し高くなりますが、新幹線などの電車移動のほうが限られた時間を有効に使うことができ、また、スキーやスノーボードで疲れた身体を休めるのにも適しています。そのため、日帰りの際の移動手段は電車にし、それに合わせて駅直結のスキー場を選ぶとよいかもしれません。遊ぶ時間をしっかり確保することができ、移動中も快適に過ごすことができます。

おすすめ宿Recommend

その他の記事Other Articles

おすすめ商品Recommend

スキー旅行&スノーボードツアー特集

ページの
先頭へ

  • エリア
  • 都道府県
  • 申込人数必須

    大人
    (中学生以上)

    子ども
    (小学生)

    • ※8名まで同時にお申込み頂けます。
    • ※こどものみのでのお申込みはできません。
    • ※8名まで同時にお申込み頂けます。
    • ※こどものみのでのお申込みはできません。
    • おとな(中学生以上)必須

    • こども(小学生)必須

  • 出発日必須
  • キーワード

※お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。※ご出発当日のスキー場積雪状況や悪天候による営業の可否については、お客様ご自身でご確認ください。必ずお読みください

スマートフォンでご利用の方へ:お申込みの画面については、PC版サイトへ遷移致します。

必ずお読みください

■ご利用上の注意事項
  • ・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは申込受付期間についてをご確認ください。
  • ・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込み後の申込内容の確認は24時間可能です)
  • ・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございますので、あらかじめ印刷環境をご準備の上、お申込みください。