JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 温泉特集 > 

温泉の中でも人気が高い露天風呂!その魅力や楽しみ方とは?

温泉の中でも人気が高い露天風呂
その魅力や楽しみ方とは?

露天風呂のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)露天風呂イメージ

海外の多くの国がシャワーで済ませることも多い中、日本は湯船につかる文化がある数少ない国のひとつです。日本人はお風呂好きな方が多く、特に温泉は人気の旅行先にも数多く選ばれています。 そんな温泉の中でも、特に高い人気を誇るのが露天風呂。開放感のある露天風呂は、内風呂とはまた違った楽しみや魅力があります。
そこで今回は、露天風呂の魅力や楽しむためのポイントについてご紹介します。

露天風呂の魅力

露天風呂 露天風呂 熱川プリンスホテル

温泉の中でも人気が高い露天風呂。その魅力には、次のようなものがあります。

開放感がある
露天風呂の最も大きな魅力は、その開放感です。ガラス越しに外の様子が見られるようになっている内風呂もありますが、実際に外に出て五感で感じられる露天風呂の開放感は格別です。場所によっては川や海などに設置されている露天風呂もあります。
自然が楽しめる
開放感があるのはもちろん、自然が楽しめることも露天風呂の大きな魅力です。山の中や海のそばにある露天風呂なら、大自然を満喫することができます。最近では露天風呂にふちがなく、外の海や湖にそのままつながっているように見えるインフィニティ風呂も人気です。
絶景を楽しむ
露天風呂の中には、絶景をウリにしたものもたくさんあります。例えば春の桜。満開の桜の中で露天風呂に入れば、日本らしい雅さを感じることができるでしょう。他にも紅葉や星空、雪景色、眺望など、さまざまな絶景をウリにした露天風呂があるので、お気に入りの景色を探してみるのもおすすめです。
貸切露天風呂を大人数で楽しむ
温泉宿によっても異なりますが、宿泊客向けに露天風呂を貸切にできるサービスを提供している宿もあります。ひとりで入る露天風呂も魅力あふれるものですが、家族や友人、恋人と一緒に、他人の目を気にすることなくワイワイ楽しむことができます。ひとりでも大人数でも楽しめるのが、貸切露天風呂の魅力です。また、客室に露天風呂が付いたタイプもおすすめです。
露天風呂を楽しむためのポイント

露天風呂 お酒イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)露天風呂 お酒イメージ

露天風呂をさらに楽しむためにはいくつかのポイントがあります。

入る時間帯による違いを楽しむ
温泉宿に宿泊すると、さまざまな時間帯に入浴することができます。朝、昼、夜では、同じ景色でも違った雰囲気になるので時間帯別に比べてみるのも楽しみ方のひとつでしょう。特に朝と夜は景色が大きく変わるので、ぜひ比べてみてください。
季節による違いを楽しむ
一度入ったことがある露天風呂でも、季節が変わればその見え方は大きく変わります。そうした季節による違いを楽しむのも、露天風呂の楽しみ方のひとつです。お気に入りの温泉がある場合は、季節を変えて訪れてみましょう。春夏秋冬、季節によって変わる自然の姿が楽しめます。また、それぞれの旬の料理が楽しめるのも、季節を変えて温泉に行く際の楽しみのひとつです。
露天風呂の中でお酒を楽しむ
基本的に露天風呂や温泉の中での飲酒は禁止されていますが、宿によっては許可されているケースもあります。お風呂上りのお酒もおいしいですが、露天風呂の中で景色を楽しみながら飲むお酒もまた格別です。地域特有の地酒が味わえることもあるので、旅の思い出にもぴったりです。ただし、許可されているとはいえ飲みすぎには注意しましょう。

おすすめの露天風呂がある東日本の温泉地

万座温泉(群馬県)

万座の湯 万座温泉のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)万座の湯 万座温泉

万座温泉は、群馬県吾妻郡にある温泉地です。上信越高原国立公園内にあり、標高1,800mの高さに位置しています。この高さは、岐阜県下呂市にある濁河温泉(にごりごおんせん)と並んで、通年自家用車で行ける日本最高所の温泉といわれています。

万座温泉は硫黄泉で、1日540万リットルという豊富な湧出量が特徴的。多彩な適応症があり、難病も治したというエピソードがあることから、古くから名湯と呼ばれてきました。また、濃厚な硫黄泉や標高の高さ、絶景のロケーションといった条件から、美肌の湯としても人気があります。

  • 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉(万座温泉観光協会)
  • アクセス:JR万座・鹿沢口駅からバスで40分

万座温泉のおすすめ宿Recommend

乳頭温泉郷(秋田県)

乳頭温泉郷 鶴の湯 乳頭温泉郷 鶴の湯

乳頭温泉郷は、秋田県仙北市にある温泉郷です。十和田・八幡平国立公園の乳頭山の麓に位置していて、7つの宿で構成されています。乳頭温泉郷では湯巡り帳を発行していて、これを持っていれば各宿の日帰り入浴を1回ずつ利用できます。

乳頭温泉郷には10種類以上の源泉があり、7つの宿それぞれで利用している源泉が異なります。そのため、炭酸水素泉や酸性硫黄泉、重曹炭酸水素泉、ラジウム鉱泉など、湯によって泉質も異なるのです。この多彩さが、乳頭温泉郷の大きな魅力のひとつだといえます。

  • 住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50(乳頭温泉 鶴の湯 )
  • アクセス:JR田沢湖駅 駅前バスターミナルより羽後交通「乳頭温泉行」乗車。「アルパこまくさバス停」下車から送迎バス
赤倉温泉(新潟県)

冬の赤倉温泉街のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)冬の赤倉温泉街

赤倉温泉は、新潟県妙高市にある温泉です。妙高市はスキーの名所として有名な地域で、赤倉温泉スキー場もあることから、大きな温泉街が形成されています。江戸時代に開湯された200年の歴史がある格式高い温泉です。赤倉温泉には「温泉ソムリエ」を認定する制度があり、入浴客に温泉の基礎知識や正しい入浴方法をアドバイスしています。

赤倉温泉は、2つの泉質を併せ持った貴重なもの。神経痛やリウマチ、肩こり、疲労回復といった一般適応症の他、独自の適応症として美肌づくりや傷の治癒といったものがあります。古くから名湯として知られていて、「肌美人の湯」「天然化粧水」「霊湯」などと呼ばれています。

  • 住所:新潟県妙高市大字赤倉585-1(赤倉温泉観光協会)
  • アクセス:東京から北陸新幹線でJR長野駅下車。「しなの鉄道北しなの線」で「妙高高原」下車 (東京から約2時間10分)

赤倉温泉のおすすめ宿Recommend

銀山温泉(山形県)

銀山温泉のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)銀山温泉

銀山温泉は、山形県尾花沢市にある温泉です。NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台になったことがきっかけで、全国的にも有名になりました。温泉街には大正から昭和初期にかけてのノスタルジックな光景が今も残されていて、その時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえます。

銀山温泉の泉質は ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉で、きり傷や火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化、神経痛、疲労回復などの適応症があります。また、銀山温泉の湯は飲むこともでき、慢性消化器疾患や慢性便秘、肥満症、糖尿病などによい効果が期待できます。

  • 住所:山形県尾花沢市銀山新畑地内
  • アクセス:JR大石田駅から尾花沢までバスで15分。尾花沢から銀山温泉までバスで40分

銀山温泉のおすすめ宿Recommend

その他の記事Other Articles

おすすめ商品Recommend

温泉旅行特集

ページの
先頭へ