JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 伊豆旅行特集 > 

豊富な自然が魅力的な伊豆!4つのエリアを知って伊豆旅行を満喫しよう!

豊富な自然が魅力的な伊豆!
4つのエリアを知って伊豆旅行を満喫しよう!

西伊豆井田から望む富士山のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)西伊豆井田から望む富士山

首都圏からほど近い観光地として、伊豆は高い人気があります。自然や温泉、レジャースポットなどさまざまな楽しみ方ができるので、インドア派の方にもアウトドア派の方にもおすすめです。 そんな伊豆はエリアによって特徴が異なり、伊豆旅行を満喫するにはどのエリアで何をするかをしっかりと考えておかなければいけません。
そこで今回は、伊豆の各エリアの特徴や伊豆旅行をする際のポイント、おすすめの観光スポットについてご紹介します。

伊豆ってどんなところ?

伊豆 白浜大浜海水浴場のイメージ画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)伊豆 白浜大浜海水浴場

東海地方に属し、東京からおよそ1時間の静岡県。山梨県とともに富士山が跨る県として有名で、海の自然・山の自然の両方が楽しめます。そんな静岡県の中でも、特に人気が高い観光地が伊豆です。 伊豆エリアは、静岡県の東の端にある伊豆半島全域を指しています。太平洋に突き出すような形になっており、駿河湾と相模灘を隔てています。

伊豆半島は全域にわたって山地が多く、平地が少ないのが特徴。そのため、自然に関係する観光スポットがたくさんあります。 自然・温泉・グルメ・アクティビティと、多くの楽しみ方ができる魅力的な観光エリアです。

伊豆の主要なエリア

伊豆へ向かうスーパービュー踊り子号の大きな車窓のイメージ画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)伊豆へ向かうスーパービュー踊り子号 大きな車窓が特徴

観光ガイドなどでは、伊豆は4つのエリアにわけられています。
それぞれのエリアの特徴を確認しましょう。

東伊豆エリア

東伊豆エリアには、熱海や伊東、伊豆高原といった地域が含まれます。熱海や伊東は温泉地としてとても人気が高く、4つのエリアの中でもメジャーなエリアだといえます。温泉だけでなく美術館やテーマパークもあるので、年齢・性別を問わず楽しめるでしょう。

南伊豆エリア

南伊豆エリアは、絶景と歴史が特徴的なエリアです。ヒリゾ浜を始めとした水質評価が非常に高い美しい海、果てしない水平線が一望できる石廊崎(いろうざき)など、絶景スポットがたくさんあります。また、南伊豆エリアの主要な街である下田はかつてペリーが来航した街として有名で、当時の雰囲気が感じられるスポットもあります。

西伊豆エリア

西伊豆も、南伊豆同様絶景ポイントが多いエリアです。特に夕日の絶景は素晴らしく、どこからでも美しい夕日が眺められるといわれています。特に人気が高いスポットとしては、夕日で黄金に輝く黄金崎や、伊豆の松島と呼ばれる堂ヶ島などがあります。

中伊豆エリア

中伊豆エリアは伊豆半島の中央部から北部にかけて広がっていて、4つのエリアの中で唯一海と接していません。その代わり、山の豊かな自然が楽しめます。また、世界遺産に登録されている韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)や、伊豆最古の温泉で伊豆の小京都とも呼ばれている修善寺温泉など、見どころはたくさんあります。

伊豆旅行を楽しむためのポイント

河津七滝(かわづななだる)の1つ「初景滝(しょけいだる)」のイメージ 河津七滝(かわづななだる)の1つ「初景滝(しょけいだる)」

伊豆旅行にはたくさんの魅力があり、それらを楽しむためのポイントもいくつかあります。事前にチェックしておくことで、伊豆旅行をしっかりと満喫できるでしょう。

自然が豊富でリフレッシュできるスポットがたくさん

伊豆の魅力はやはり自然です。伊豆半島は海に突き出す形になっているので、伊豆の多くのエリアで海が楽しめます。中伊豆エリアは海がありませんが、天城越えで有名な天城山など山の自然が豊富です。温泉も各地にあるので、リフレッシュするのにぴったりです。

季節ごとに楽しめるので、1年を通しておすすめ

自然が豊富な伊豆では、四季折々の楽しみ方ができます。例えば春と秋は、桜や紅葉といった色づく草木が楽しめます。夏は、伊豆の海でアクティビティを楽しめます。

エリア間の移動は南北が定番

伊豆はエリアごとに特徴や魅力が異なります。そのため、行きたいスポットがエリアを跨ぐこともあるでしょう。そんなときに覚えておきたいのが、エリア間の移動は南北が基本だということです。というのも、伊豆半島の中央部には山脈があるため、東西には移動しにくいのです。エリアを移動する際には、この点に注意しましょう。

南伊豆のおすすめ宿Recommend

伊豆のおすすめスポット

城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)

城ヶ崎海岸のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)城ヶ崎海岸 門脇吊橋

 

城ヶ崎海岸は、東伊豆エリアにある海岸です。噴火によって流れ出た溶岩が固まってできたといわれていて、海の浸食によって独特の海岸線を形成しています。

城ヶ崎海岸には城ヶ崎海岸ピクニカルコースと城ヶ崎自然研究路コースという2種類の散策路が整備されているので、雄大な海の自然をしっかりと体感できるでしょう。特に断崖絶壁の間をわたる長さ48mの門脇吊橋は必見です。

  • 住所:静岡県伊東市富戸(門脇吊橋)
  • アクセス:JR伊東駅から車で約30分
伊豆シャボテン動物公園

シャボテン公園のカピバラ露天風呂のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)シャボテン公園のカピバラ露天風呂

伊豆シャボテン動物公園は、東伊豆エリアにある動物公園です。大宝山のふもとにあり、20万平方メートルにもなる広大な敷地が特徴的。

伊豆シャボテン動物公園の大きな特徴は、世界中の多種多様なサボテンと多肉植物が見られるというところ。その種類は1500種にも及び、自分の好みの寄せ植えが作れるコーナーもあります。また、伊豆シャボテン動物公園ではカピバラも人気です。特に冬は、露天風呂に入るカピバラを見に多くの観光客が訪れます。

  • 住所:静岡県伊東市富戸1317-13
  • アクセス:JR伊東駅から東海バスで約35分

東伊豆のおすすめ宿Recommend

修善寺温泉

修善寺温泉の中心「福地山修禅寺」の山門のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)修善寺温泉の中心「福地山修禅寺」の山門

修善寺温泉は中伊豆エリアにある温泉です。伊豆半島には数多くの温泉が湧き出していますが、修善寺温泉はその中で最も古い温泉だといわれています。その歴史は1200年に及び、夏目漱石など多くの文豪も訪れています。

温泉街は風情がある街並みで、伊豆の小京都とも呼ばれています。浴衣や着物のレンタルも行われているので、着替えてゆったりと散策してみるのもおすすめです。

  • 住所:静岡県伊豆市修善寺964(福地山修禅寺)
  • アクセス:JR三島駅から伊豆箱根鉄道乗換、修善寺駅下車、バスで約10分。終点修善寺温泉駅から徒歩で約3分。
韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)

韮山反射炉のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)韮山反射炉

韮山反射炉は、中伊豆エリアにある反射炉です。反射炉とは金属を溶かして大砲を作るための施設で、韮山反射炉は幕末に作られました。

実際に稼働していた反射炉の中で現存しているのは韮山だけであり、その歴史的・文化的な貴重さから、明治日本の産業革命遺産のひとつとして世界文化遺産に登録されました。反射炉の近くにはボランティアガイドがいるので、詳しい説明を聞くこともできます。

  • 住所:静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268(韮山反射炉ガイダンスセンター)
  • アクセス:JR三島駅から伊豆箱根鉄道乗換、伊豆長岡駅下車。韮山反射炉循環バスに乗換

中伊豆のおすすめ宿Recommend

伊豆の海

ヒリゾ浜のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ヒリゾ浜

伊豆半島には中伊豆エリアを除き、美しい海がたくさんあります。伊豆の海は沖縄などマリンレジャーの有名地に負けないほど透明度が高く、水質調査でも高い評価を得ています。

例えば南伊豆エリアにあるヒリゾ浜。ヒリゾ浜は船でしか行くことができない秘境スポットで、一帯が国立公園に指定されています。カラフルな魚が泳ぐエメラルドグリーンの海は、まるで海外のリゾート地のようです。

  • 住所:静岡県賀茂郡南伊豆町中木40(ヒリゾ浜渡し組合)
  • アクセス:JR熱海から伊豆急行乗換、下田駅下車。伊豆急行下田駅からバスで45分、中木着。中木港から船で5分すぐ
來宮神社(きのみやじんじゃ)

來宮神社 本殿のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)來宮神社 本殿

來宮神社は、東伊豆エリアの熱海市にある神社です。創建時期は定かではありませんが、社伝によると1300年以上の歴史があるとされています。ヤマトタケルノミコトを始めとした3柱の神を祀っていて、熱海の中心的な神社となっています。パワースポットとしても人気です。

境内には樹齢2000年以上になる大楠があり、天然記念物に指定されています。また、例祭である鹿島踊は、静岡県の指定無形民俗文化財に指定されています。

  • 住所:静岡県熱海市西山町43-1
  • アクセス:JR来宮駅から徒歩5分

西伊豆のおすすめ宿Recommend

その他の記事Other Articles

おすすめ商品Recommend

伊豆旅行特集バナー

ページの
先頭へ