JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 北陸旅行特集 > 

2018年、カニのススメ。産地北陸で絶品ガニを食べつくす。

2018年、カニのススメ。産地北陸で絶品ガニを食べつくす。

カニの写真

冬の味覚の王様といえば、「カニ」。身の引き締まったカニが水揚げされる冬場は、新鮮なカニが堪能できる絶好のシーズンです。甘みのある絶品ガニを味わうために、カニ旅行を計画する方も多いのではないでしょうか。そんなカニ旅行の目的地として人気なのが、北陸です。北陸はカニが名産であることに加えて和倉温泉や加賀温泉郷、あわら温泉などの温泉街も多く、冬になると全国各地から多くの観光客が訪れます。ここでは、冬の北陸を存分に楽しむために北陸の絶品ガニの魅力をたっぷりとご紹介します。

北陸で獲れるカニの種類は?

北陸新幹線の写真

北陸新幹線が開通し、西日本からも東日本からもアクセスしやすくなった北陸。主に石川県、富山県、福井県の3県を指す北陸地方は、日本でも指折りの絶品ガニが味わえる「カニの本場」といわれています。北陸で水揚げされるカニの種類は、主に「ズワイガニ」と「紅ズワイガニ」。それぞれのカニの特徴は以下の通りです。

ズワイガニ

ズワイガニの写真

「北陸の冬の王者」といわれるズワイガニ。上品な甘みとギュッと凝縮された旨味のある味わいが特徴で、濃厚なカニ味噌も絶品です。その美味しさは、「カニ本来の旨味を堪能したいならズワイガニ」といわれるほど。北陸では11月〜3月にかけてズワイガニが水揚げされ、その期間は金沢を中心に新鮮なズワイガニを味わうことができます。なお、この期間を外すと北陸にある旅館や料亭でも冷凍カニになってしまうため、水揚げされたばかりの新鮮なズワイガニを堪能したいのであれば11月〜3月の冬シーズンに北陸を訪れるのがベストです。

ズワイガニはオスとメスで大きさが異なり、オスは大きく、メスは小さいのが特徴です。その大きさの違いは、異なる品種と見間違われるほど。しかし、いずれも濃厚な味わいで、オスとメスのどちらも美味しく味わえます。ズワイガニは獲れる地域によってブランド化されているものも多く、北陸では福井と石川で水揚げされるものがブランドガニとして有名です。
全国的に知名度が高いのは、福井で獲れる「越前ガニ」です。越前ガニには、ブランドガニの証明として黄色のタグが取りつけられています。
一方、石川で獲れるズワイガニは「加能ガニ」と呼ばれます。加能ガニは、2006年に石川県内の漁協がひとつに合併されたことをきっかけにブランド化されました。加能ガニには、青色の証明タグが取りつけられています。なお、「加能ガニ」と呼ばれるのは主にオスのズワイガニ。メスのカニは「香箱ガニ」と呼ばれています。ズワイガニの特徴どおり、メスはオスに比べて小さく、価格も安めです。しかし、甲羅の中の内子(卵巣)やお腹の外側にある卵は絶品で、オスと同じく濃厚なカニ味噌もたっぷりと味わうことができます。香箱ガニが県外の市場に出回ることはほとんどありませんが、地元ではオスよりもメスを好んで食べる人も多いのだそう。金沢を訪れた際には、ぜひ食したい一品です。

紅ズワイガニ

「富山湾の女王」の異名を持つ紅ズワイガニ。
ズワイガニよりもさらに赤みが強く、茹でると紅色が一層深みを増します。その鮮やかな紅色は、「海のルビー」と異名をとるほど。身のみずみずしさと強い甘さが特徴で、柔らかくて繊細な身は舌の上でほろほろとほぐれていきます。ズワイガニに比べ身が少なく柔らかいことから価格は安めではありますが、甘みの強さでは決してズワイガニに劣っていません。カニ味噌も濃厚で、そのまろやかな味わいは格別。漁のピークは年末年始ですが、9月〜5月にかけて富山湾で水揚げされるため、ズワイガニよりも旬を長く楽しむことができます。

北陸のおすすめ宿Recommend

  • 雄山閣のイメージ

    JR+宿泊

    4月〜9月出発

    雄山閣

    39,600円〜56,300円

    東京駅発着/おとな1名様

  • ホテル桃源のイメージ

    JR+宿泊

    4月〜9月出発

    ホテル桃源

    37,000円〜51,700円

    東京駅発着/おとな1名様

※4月からのカニ料理の提供はございません。料理内容をご確認の上、お申込みください。

※表示価格は設定期間の2名様1室利用時のおとな1名様の価格です。

どう食べる?カニの楽しみ方

カニ料理のイメージ

ブランドガニとして有名な福井と石川のズワイガニ。そんな福井ブランドの「越前ガニ」や石川ブランドの「加能ガニ」の味わい方はさまざまです。

カニしゃぶ

ズワイガニの美味しさが最も堪能できる食べ方といえば、「カニしゃぶ」です。サッと湯通しして食べるカニしゃぶは、カニ本来の旨味を味わえるズワイガニにぴったりの食べ方といえます。

焼きガニ

「焼きガニ」は、カニの旨味をギュッと凝縮できる食べ方です。一口食べると口の中にカニの旨味と香ばしさが広がり、カニしゃぶとはまた違った美味しさを堪能することができます。

カニ鍋

冬の定番料理といえば、「鍋」。カニをたっぷり使った「カニ鍋」も、代表的なカニの楽しみ方のひとつです。カニの旨味が溶け込んだスープによって野菜の旨味も増し、カニはもちろん野菜も美味しく食べることができます。

カニ雑炊

カニ鍋を味わった後にぜひ食べたいのが、「カニ雑炊」です。カニのエキスが溶け込んだスープで作るカニ雑炊は、カニの旨味たっぷりのぜいたくな逸品。「これを味わうためにカニ鍋を味わう」という方もいるほどの味わいです。

こんな食べ方も!北陸ならではのカニの楽しみ方

ズワイガニの源泉蒸しのイメージ

さまざまな味わい方のできるズワイガニですが、北陸ならではの食べ方といえば、「源泉蒸し」です。
和倉温泉や加賀温泉郷、あわら温泉などたくさんの温泉街のある北陸地方には、源泉かけ流しの温泉宿がたくさんあります。そこで味わえるのが、源泉を使って蒸し上げる「源泉蒸し」。ほんのり潮の香りのする源泉蒸しは、北陸の温泉街でしか味わえない味わい方といえるでしょう。

また、「活きガニ」が食べられるのもズワイガニの名産地である北陸ならではの醍醐味です。「活きガニ」とは、生きたままのカニのこと。北陸では、シーズンであれば冷凍カニではなく活きガニをそのまま調理した新鮮なカニ料理を堪能することができます。中でも絶品なのが、「カニ刺し」。身のたっぷり詰まったぷりぷりの新鮮な活きガニのカニ刺しは格別!口の中いっぱいに広がるズワイガニ独特の旨味と甘みを堪能することができます。

この他、オスだけでなくメスのカニが味わえるのも北陸ならでは。石川では「香箱ガニ」、福井では「せいこガニ」と呼ばれるメスのカニは県外にほとんど出回らず、希少価値の高いカニとして地元民から根強く愛されています。「冬の赤い宝石箱」とも呼ばれる香箱ガニやせいこガニの美味しい食べ方は、カニ味噌と内子を一緒に食べる食べ方。口の中に広がる濃厚なカニ味噌と内子のプチプチとした食感は、絶品中の絶品です。また、香箱ガニは出汁もたっぷりと出るため、鍋や汁物にもぴったり!特に味噌との相性も抜群なため、味噌汁にして食べるのがおすすめです。
さまざまな味わい方のできる北陸のズワイガニ。絶品のカニ料理を堪能しに、北陸を訪れてみてはいかがでしょうか。

北陸のおすすめ宿Recommend

※表示価格は、2018年3月1日時点の2018年4月〜9月の2名様1室利用時のおとな1名様の価格です。
詳細価格につきましては、商品詳細ページにてご確認ください。

その他の記事Other Articles

おすすめ商品Recommend
  • 湖畔の宿 森本のイメージ

    JR+宿泊

    湖畔の宿 森本

    39,600円〜55,200円

    東京駅発着/おとな1名様

  • 清風荘のイメージ

    JR+宿泊

    清風荘

    37,300円〜59,600円

    東京駅発着/おとな1名様

  • ※上記は4月〜9月出発のツアーとなります。

    ※表示価格は設定期間の2名様1室利用時のおとな1名様の価格です。

びゅうで行く北陸

ページの
先頭へ

パッケージツアーを探す

パッケージツアー検索

予約方法

コース内容
出発地必須
目的地必須
閉じる
エリア必須
都道府県
地域
出発日必須
日数必須

※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

申込人数必須
閉じる
おとな(中学生以上)必須
こども(小学生)必須
キーワード

お申込み可能時間は5:30〜23:40です。23:40までにお申込み操作を完了してください。

スマートフォンでご利用の方へ:お申込みの画面については、PC版サイトへ遷移致します。

必ずお読みください

ご利用上の注意事項

・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございます。あらかじめ、印刷環境をご準備の上、お申込みください。最終行程表が提示できないと、サービスが受けられない場合がございます。
・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは、申込受付期間についてをご確認ください。
・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込内容の確認は24時間可能です。)