JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > ひとり旅特集 > 

おひとりさま旅行を楽しむために、旅のポイントや持ち物をチェック!

おひとりさま旅行を楽しむために、
旅のポイントや持ち物をチェック!

ひとり旅イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ひとり旅イメージ

気の合う人たちとの旅行は楽しいものですが、近年ではそうしたグループ旅行とは違った旅行も注目を集めています。それが、おひとりさま旅行です。ひとりカラオケやひとり焼肉など、「ひとり〇〇」という言葉はよく耳にするようになっていて、ひとりで旅行を楽しむ人も増えてきています。

今回はおひとりさま旅行を楽しむためのポイントや用意しておきたい持ち物、おすすめのスポットなどについてご紹介します。

おひとりさま旅行を楽しむポイント

ひとり旅イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ひとり旅イメージ

おひとりさま旅行を楽しむためには、いくつかのポイントがあります。せっかくの旅行ですから、楽しめるように事前にしっかりと確認しておきましょう。

旅の目的を明確にする
おひとりさま旅行の魅力は、自分で全部を決めることができ、旅行の自由度が高いこと。ですが、「なんでもできる」となると人はあれもこれもと欲張りになってしまい、中途半端な旅行になってしまうケースがあります。これでは、せっかくの旅行が不完全燃焼で終わってしまいます。これを避けるためにも、「これだけはやりたい」という目的をひとつ決めておくことをおすすめします。目的をはっきりさせることで、時間を有効に使うことができ中身の濃い旅行にすることができます。
旅のテーマを決める
上述した旅の目的にも関わりますが、旅のテーマを決めておくことも大切なポイントです。例えば自然とのふれあいや芸術体験、アクティビティ、うまいもの巡り、絶景写真など、テーマを決めておくことで巡るスポットを限定できます。予定が立てやすくなり、旅の満足度を高めることができます。
情報はしっかりと集める
旅行中にどこを巡るのかは、しっかりと情報を集めて検討しましょう。例えばスポットによっては期間限定でイベントが開催されていたり、逆に特定の期間は閉鎖されていたりと、時期によって状況が異なることもあります。そうした情報をしっかりと集めておくことで、失敗を未然に防ぐことができます。
予定通りに進めるだけでなく、現地でのひらめきも大事に
旅行中は、途中で気になるスポットができたり、現地で仲良くなった人と一緒に出かけたくなったりと、予定とは違うことをしたくなることもあるでしょう。こういった場合は、その流れに乗ってみるのもひとつの楽しみ方です。流されすぎはよくありませんが、そのときのひらめきを気ままに実行に移せるのも、おひとりさま旅行ならではです。
おひとりさま旅行に持っていきたいもの

ひとり旅イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)ひとり旅イメージ

旅行に行く際には、持ち物で悩むことも多いもの。あれもこれもと入れていくと、荷物はどんどん膨らんでいきます。できるだけ身軽になれるよう持ち物は厳選しましょう。

ショルダーバッグなどの小さめのバッグ
いくら身軽にまとめたとはいっても、すべての荷物を持ちながら歩き回るのは疲れるもの。そのため、重たい荷物はホテルやコインロッカーに預けて、ショルダーバッグなどの小さいバッグでスポットを巡るのがおすすめです。折り畳みのショッピングバッグも、お土産を買ったときに便利です。
雨具
折り畳み傘やレインコートなど、雨具を用意しましょう。旅先で傘を買う方法もありますが、雨が上がったあとに持ち運ぶのは面倒です。コンパクトな折り畳み傘を携帯するか、レインコートを持ち歩きましょう。
充電器やモバイルバッテリー
旅先ではスマホを使って情報を調べることも多く、また緊急時の連絡手段としても必要です。頻繁に使っているとバッテリーの消耗が激しくなるので、充電器を用意しましょう。コンパクトなモバイルバッテリーをカバンに入れておけば、充電量が少なくなっても安心です。
メモ帳と筆記用具
これは必須ではありませんが、できればメモ帳とペンを用意しましょう。スマホで調べたことをメモしたり、楽しかったことやよかった場所を記録しておいたり、使い道はさまざまです。
歩きやすいカバンや靴
さまざまなスポットを巡る旅では徒歩移動が多くなります。移動の負担を少なくするために、疲れにくいカバンや靴で出かけましょう。両手がフリーになるリュックや歩きやすいスニーカーがおすすめです。

おひとりさま旅行のおすすめスポット

金沢

金沢駅のイメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)金沢駅

金沢は、かつては加賀百万石と呼ばれた加賀藩があった場所で、現在でも人気の観光地として国内外から多くの観光客が訪れます。北陸新幹線が開通したことで、さらに人気が高まっています。

金沢には、かつて栄華を誇った加賀藩の名残が今も色濃く残っています。金沢城や兼六園、ひがし茶屋街、武家屋敷跡などがその代表的なスポット。歴史情緒あふれるスポットがある一方、金沢21世紀美術館や金沢駅など、近代的な芸術が楽しめるスポットもあります。地元の鮮魚が味わえる近江町市場など、グルメもばっちりです。

北陸随一の観光地!金沢で人気のおすすめスポット・グルメ20選はこちら

富山

宇奈月温泉イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)宇奈月温泉

富山県は、石川県と同じく北陸地方に属する県です。富山県も北陸新幹線が開通したことでこれまでより訪れやすくなり、観光客は増えています。富山県といえば、まず思い浮かぶのが富山湾で獲れる海鮮です。特に冬場は、寒ブリをはじめとした海鮮が旬を迎えることもあり、人気の観光シーズンとなっています。

また、温泉が楽しめるのも富山の魅力。黒部峡谷の美しい自然を味わえる、宇奈月温泉が人気です。他にも、相倉をはじめとした合掌造り集落は、歴史が感じられるスポットとして話題になっています。当時の空気感が残る集落で、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

北陸の鉄板スポットvs穴場スポット!どちらも行きたい北陸の観光名所20選はこちら

金沢・富山のおすすめプランRecommend

仙台

瑞鳳殿イメージ 画像素材:PIXTA(別ウィンドウで開きます)瑞鳳殿

仙台は、戦国時代に伊達政宗に代表される伊達家が治めていた地域で、現在でもその当時の名残が残されています。夏に行われる仙台七夕まつりをはじめ、さまざまなイベントが開催されているので、イベントに合わせて訪れてみるのもよいでしょう。
伊達家ゆかりのスポットとしては、瑞鳳殿(ずいほうでん)がおすすめ。瑞鳳殿は伊達政宗の御廟(ごびょう)で、さまざまな彫刻が施された豪華絢爛な建築物です。「伊達者」の語源となった伊達政宗のイメージにぴったりなスポットとなっています。

仙台朝市商店街も、おひとりさま旅行でおすすめのスポット。仙台駅前に70店舗ほどが集まっていて、さまざまな地元の食材が販売されています。仙台の活気を感じながら、のんびりと散策してみてはいかがでしょうか。

函館

五稜郭イメージ 五稜郭

函館は、北海道の中で3番目に人口が多い中核市です。観光スポットとしても高い人気があり、毎年500万人近くの観光客が訪れています。
函館の観光スポットといえば、まず五稜郭(ごりょうかく)があげられます。五稜郭は特別史跡に指定されている星形城郭で、新選組・土方歳三の最後の戦場として知られています。桜の名所としても有名なので、春には多くの花見客が訪れます。

函館山も、函館を代表する観光スポットです。頂上にある展望台からの夜景は特に人気が高く、日暮れが近づくと展望台がいっぱいになるほど人が集まります。函館山からの景色は、ミシュラン旅行ガイドで三ツ星を獲得するほどの絶景です。
この他、赤レンガ倉庫や教会群など函館の歴史が感じられるスポットも多く、見どころ満載の観光地だといえるでしょう。

  

函館旅行特集

仙台・函館のおすすめ宿Recommend

     

その他の記事Other Articles

 
おすすめ商品Recommend

ひとり旅

ページの
先頭へ

パッケージツアーを探す

パッケージツアー検索

予約方法

コース内容
出発地必須
目的地必須
閉じる
エリア必須
都道府県
地域
出発日必須
日数必須

※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

申込人数必須
閉じる
おとな(中学生以上)必須
こども(小学生)必須
キーワード

お申込み可能時間は5:30〜23:40です。23:40までにお申込み操作を完了してください。

スマートフォンでご利用の方へ:お申込みの画面については、PC版サイトへ遷移致します。

必ずお読みください

ご利用上の注意事項

・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございます。あらかじめ、印刷環境をご準備の上、お申込みください。最終行程表が提示できないと、サービスが受けられない場合がございます。
・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは、申込受付期間についてをご確認ください。
・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込内容の確認は24時間可能です。)