JR東日本国内ツアー・国内旅行トップ > 伊豆旅行特集 > 

宿泊でも日帰りでも楽しめる!魅力あふれる伊豆旅行

宿泊でも日帰りでも楽しめる!
魅力あふれる伊豆旅行

下田公園からの眺望の写真 下田公園からの眺望

都会の喧騒の中で暮らしていると、「休みには自然豊かな場所でゆっくりと過ごしたい」と思うこともあります。特に首都圏で生活している方は、こうした思いを抱くことも多いでしょう。
日本全国には、観光地として有名なさまざまな場所があります。その中でも伊豆は、首都圏から行きやすく人気のエリアです。宿泊と日帰りのどちらでも楽しめるスポットがたくさんあります。そこで今回は、伊豆旅行の際にチェックしておきたい伊豆やその周辺のおすすめスポットについてご紹介します。

都会の喧騒を離れてのんびり!伊豆には温泉がたくさん!

スーパービュー踊り子号の写真 スーパービュー踊り子号

伊豆といってまず思い浮かぶのが、温泉です。伊豆半島はかつて火山島であったことから火山の影響を大きく受けていて、とても多くの温泉が湧き出ています。伊豆半島は熱海・伊東エリア、中伊豆エリア、東伊豆エリア、南伊豆エリア、西伊豆エリアと大きく5つに分けることができ、すべてのエリアで温泉を楽しむことができます。

中伊豆エリア 修善寺温泉・湯ヶ島温泉

中伊豆 修善寺温泉・湯ヶ島温泉の写真 修善寺 足湯に入れる独鈷の湯

伊豆の温泉の中でも特に有名なのが、中伊豆エリアにある修善寺温泉と湯ヶ島温泉です。
修善寺温泉は、古くからの温泉地である伊豆半島の中でも最も古い温泉です。温泉街の中心には修禅寺という寺院があり、弘法大師・空海が開いたとされています。修善寺温泉の開湯についても、「弘法大師が岩を独鈷で砕くと湯が湧き出した」という伝説が残されています。芥川龍之介や尾崎紅葉、泉鏡花、夏目漱石、川端康成といった多くの文豪が訪れ、修善寺温泉について語っています。
修善寺温泉を愛した文豪のひとりである川端康成と関係深いのが、湯ヶ島温泉です。川端康成の代表作のひとつである『伊豆の踊子』は伊豆を舞台とした作品であり、これを執筆したのが湯ヶ島温泉の旅館「湯本館」なのです。川端康成は長期にわたって湯ヶ島温泉に滞在し、伊豆の踊子を執筆しました。また、井上靖や若山牧水といった作家の著作の舞台にもなっています。

熱海・伊東エリア 熱海温泉

熱海・伊東エリア 熱海温泉の写真 熱海温泉

熱海・伊東エリアにある熱海温泉も、伊豆の有名な温泉です。日本三大温泉のひとつともいわれていて、江戸幕府の初代将軍である徳川家康が湯治のために訪れたという記録が残されています。明治以降には多くの文豪も訪れ、尾崎紅葉の『金色夜叉』の舞台となったことでも知られています。かつては新婚旅行や団体旅行の行き先として大いににぎわい、バブルの崩壊などによって一時は下降気味になるも、現在は温泉ブームを始めとしたさまざまな要因から再びリゾート地として注目されています。

まさに絶景!
火山活動の影響が強い伊豆半島だからこそ見られる景色

上述したように、伊豆半島は火山活動の影響を大きく受けています。伊豆半島は本州では唯一、フィリピン海プレート上にあり、南洋にあった火山島や海底火山の集まりがプレートの北上によって現在の位置にまできたと考えられています。こうした火山活動や地殻変動による影響は温泉だけでなく、自然の景観にも大きく現れています。伊豆半島には、火山活動や地殻変動によって生まれた絶景が数多く存在しているのです。

西伊豆エリア 堂ヶ島

西伊豆エリア 堂ヶ島の写真 西伊豆エリア 堂ヶ島

西伊豆エリアにある堂ヶ島は、富士箱根伊豆国立公園に指定されている景勝地です。美しい海岸線が広がるその光景は、「伊豆の松島」とも呼ばれています。
堂ヶ島には、伝兵衛島、中ノ島、沖ノ瀬島、高島の4つの島からなる三四郎島があります。三四郎島という名前は、潮の干満や見る角度によって島が3つにも4つにも見えるということから付けられました。この三四郎島の大きな特徴は、トロンボというめずらしい現象です。トロンボは干潮時にのみ島と陸がつながる現象のことで、三四郎島では干潮時に伝兵衛島まで歩いて渡ることができます。
また、天然記念物である天窓洞も人気のスポットです。天窓洞は凝灰岩でできた天然の洞窟で、海水の浸食によって生まれました。内部には蜂の巣状のトンネルが広がっていて、遊覧船に乗って観賞することができます。この天窓洞の大きな特徴は、中心部にある天井が丸く抜け落ちたポイントです。丸穴からはまるで天窓のように光が差し込み、暗い洞窟を神秘的に照らし出します。

熱海温泉・堂ヶ島温泉のおすすめ宿Recommend

東伊豆エリア 城ヶ崎海岸

東伊豆エリア 城ヶ崎海岸の写真 東伊豆エリア 城ヶ崎海岸

同じく富士箱根国立公園に指定されている城ヶ崎海岸も、火山の影響を強く受けています。城ヶ崎海岸は火山活動によって噴き出した溶岩が固まってできた海岸で、海の浸食によって現在の形になりました。柱状節理や溶岩トンネルなど、溶岩で作られた地形ならではの光景が見られます。また、城ヶ崎海岸は天城連山の側にあり、沖合に黒潮の分流が流れ込むといった環境から、常春ともいわれるほど温暖な気候となっています。そのため、植生自然度は最高位の10や9を示し、自然の美しい景観を作り出しています。
また、城ヶ崎海岸では「門脇吊橋」という吊橋も人気のスポットです。この吊橋は断崖絶壁の間、高さ23mの位置にかかっています。長さ48mの橋を渡っている間は、まるで空を歩いているかのような気分が味わえます。

東伊豆エリアのおすすめ宿Recommend

動植物とのふれあいも楽しめる!
伊豆で人気のテーマパーク

伊豆といえばこれまでご紹介してきたように、温泉や自然といったイメージが強いもの。しかし、伊豆の魅力はそれだけではありません。伊豆は、動植物にふれあえるテーマパークも充実しているのです。

東伊豆エリア 伊豆シャボテン動物公園

東伊豆エリア 伊豆シャボテン動物公園の写真 東伊豆エリア 伊豆シャボテン動物公園

伊豆にある動植物園の中で最も有名なのが、伊豆シャボテン動物公園です。伊豆シャボテン動物公園は大室山の麓にある自然公園で、20万平方メートルという広大な敷地を誇ります。園内ではサボテンを中心とした世界中の多肉植物が育てられていて、その数は1,500種類にものぼります。
伊豆シャボテン動物公園では多くの動物ともふれあうことができ、中でも人気なのがカピバラです。シャボテン動物公園は日本で初めてカピバラ用の露天風呂を設置したテーマパークで、今ではカピバラ露天風呂は伊豆の冬の風物詩となっています。他にも放し飼いされているリスザルやクジャクなど、動物と近い距離でふれあうことができます。

東伊豆エリア 伊豆アニマルキングダム

東伊豆エリア 伊豆アニマルキングダムの写真 東伊豆エリア 伊豆アニマルキングダム

動物とのふれあいに特化したテーマパークとしては、伊豆アニマルキングダムがあります。伊豆アニマルキングダムの大きな特徴は、自然のままに近い動物たちを間近で見ることができるウォーキングサファリです。ライオンやホワイトタイガーといった肉食の猛獣は檻に入っていますが、草食動物など多くの動物はほとんど放し飼い状態になっています。そのため、自然の中で暮らす動物たちの本来の姿を近い距離で見ることができるのです。

また、動物へのエサやり体験もできます。キリンやシマウマといった草食動物はもちろん、ホワイトタイガーやライオンといった猛獣にもエサをあげることができます。特にホワイトタイガーはアニマルキングダムの名物であり、人気があります。アルマジロやコアリクイ、ハリネズミといっためずらしい動物とふれあうことができる広場もあるため、普通の動物園とは一味違った体験ができます。

伊豆で人気のテーマパークツアーはこちらRecommend

温泉あり、自然あり、テーマパークありと、伊豆は魅力がたくさん詰まったエリアです。首都圏からもそれほど遠くないため、日帰りでも気軽に楽しむことができます。どこに旅行に行こうか悩んでいるという方は、ぜひ伊豆旅行を検討してみてください。

おすすめ商品Recommend

伊豆旅行

ページの
先頭へ

パッケージツアーを探す

パッケージツアー検索

予約方法

コース内容
出発地必須
目的地必須
閉じる
エリア必須
都道府県
地域
出発日必須
日数必須

※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

申込人数必須
閉じる
おとな(中学生以上)必須
こども(小学生)必須
キーワード

お申込み可能時間は5:30〜23:40です。23:40までにお申込み操作を完了してください。

スマートフォンでご利用の方へ:お申込みの画面については、PC版サイトへ遷移致します。

必ずお読みください

ご利用上の注意事項

・お申込みにあたり、「最終行程表」を印刷して頂く必要がございます。あらかじめ、印刷環境をご準備の上、お申込みください。最終行程表が提示できないと、サービスが受けられない場合がございます。
・お申込みは、最短、ご出発の前日18:00まで可能です。お支払方法、受取方法により異なります。詳しくは、申込受付期間についてをご確認ください。
・お申込み可能時間は5:30〜23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。(お申込内容の確認は24時間可能です。)